バッテリーの再生方法

バッテリーの再生方法

サルフェーション剥離溶解によりバッテリーを再生します。  

フォークリフトバッテリーの再生方法は、「硫酸鉛還元法」というものです。電極に付着した硫酸鉛の結晶を、化学的に電極板を傷めることなく溶解し、硫酸と鉛に分離還元します。一度この再生方法を実施するとフォークリフトバッテリー内部の環境が改善し、より長持ちするフォークリフトバッテリーに変わります。
硫酸鉛が解けますと、白色物質がなくなり、希硫酸濃度の比重も1.28の規定値に戻り再生(回復)を確認する事が出来ます。

実際の作業概要のご説明

直流電圧計、直流電流計、および高精度の比重計、デジタル温度計を使用しております。電圧はミリボルト、大電流においても測定はミリアンペア、比重は小数点以下4桁まで測定、温度計は0.2℃目盛り、デジタルで測定しており、少しの変化も見逃しません。
温度による比重の校正、比重による適正電圧など正確な測定を要します。

当社が比重1.28にこだわる理由

比重1.28を求める理由は、電解液の電気抵抗が一番少なくなる比重であるためです。比重がこの値より高くても低くても電気抵抗が増えてしまいます。
硫酸濃度は如何様にでも調整できますが、かなり調整が難しい作業となります。電気化学反応によるものであり、条件によりすぐに変化してしまうからです。しかしながら当社では何回でもテストを繰り返し、安定して比重1.28に値が落ち着くように調整致します。

フォークリフトバッテリーの劣化現象

鉛蓄電池は放電すると、負電極板表面に硫酸と鉛の反応により硬い結晶が発生します。使用しないで放置しても自己放電と言って自ら電力を少しずつ消費しこの結晶が発生します。この現象をサルフェーション(白色硫酸鉛)と呼びます。この物質が負極に付着し電極の有効表面積を減少させ、なおかつ硫酸と鉛の結晶のため電解液の硫酸溶解濃度を低下させてしまいます。そしてこの結晶が電気抵抗体となり、電気を通すたび(充電時または放電時に)に発熱し、電池エネルギーを熱エネルギーに変換消費してしまいます。
これが使用不能となる第一原因で、鉛バッテリーの避けて通れない問題です。

フォークリフトバッテリーは12個、24個、36個、40個などの2ボルト単位のセルの組み合わせで成り立っております。
これらの組み合わせの中で1個のセルが悪くなると、電力が悪いところ(抵抗体)に集中して熱となり電力が消費され、油圧モーターなどに供給されるべき電力が供給されなくなり、結果としてフォークリフトが満足に働かなくなるのです。また、多少は動いても悪化したセルの前後近辺のセルが影響を受け傷められることにも繋がります。
ですから当社では、悪化したセルのみでなく、近辺のセルも十分テストチェックしております。テストの方法もいろいろな形で試しております。

しかし、悪いことばかりではありません。
鉛電池は長い歴史を有しており、大電流に適しています。フォークリフトの様に200アンペア―くらいの大電流にも平気に耐え、長時間使用できるバッテリーは他にありません。近年リチウムイオン電池が利用されてきましたが、まだ鉛ほど安定しておりません。また、リチウムは取り扱に関して、危険度が非常に高く、帯電防止に注意しなければなりませんので、鉛のような容易な取り扱いはできません。

硫酸鉛還元法(硫酸と鉛を分離する方法)とは

フォークリフト使用者、管理者に悪いこと

充電中の硫酸ガス、鉛ガス、水素ガス、発生。
鉛ガスは血液中のヘモグロビンと結びつきますとヘモグロビンの赤血球が小さくなります。要するに酸素を運ぶ量が少なくなりますから、注意が必要です。また、これらのガスは気管支炎を発生させたり、肺を傷めたりしますから換気には充分注意が必要です。

極板を痛めることの無いように時間を十分かけて、生成した結晶の硫酸鉛(サルフェーション)を溶解させ、硫酸と鉛成分を元の状態に戻すシステムです。これによりバッテリー内部の環境を整え、より長持ちするバッテリーになります。このシステムにより負電極からは硫酸鉛結晶が無くなり、希硫酸濃度も定格の1.28の比重を保持し、回復を確認することが出来ます。

無料お見積もりはこちらから お問い合わせはこちらから

お見積もりの前に免責事項を必ずお読みください。

ページのトップへ

現在地:フォークリストバッテリー再生ベイライン HOMEバッテリーの再生方法